≪ボデガス・トリトン エントゥレスエロ テンプラニーリョ 2012 【ワイン通販】ワインブラッサム≫
2012VTが「ペニンガイド2015」で5星/90点。 「インターナショナルワインセラー2014」89点。「ボデガス・トリトン」は2008年がファーストヴィンテージですが、「ヒル・ファミリー・エステーツ」のグループとして安定したワインをリリースしています。
テロワールのポテンシャルを充分に引き出したワインは高品質で味わい深いものです。軽く樽を効かせたコクのある美味しさで、エキゾチックなニュアンスのあるしっかりとしたワインです。

タイプ別

   赤ワイン
   白ワイン
   ロゼワイン
   デザートワイン
 
 
 
 
 
 
 

[OWNER]

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 
  • トップ
  • スペイン
  • ボデガス・トリトン エントゥレスエロ テンプラニーリョ 2012

ボデガス・トリトン エントゥレスエロ テンプラニーリョ 2012

商品名 : ボデガス・トリトン エントゥレスエロ テンプラニーリョ 2012

商品コード : IN0000S168

製造元 : ボデガス・トリトン

原産地 : <スペイン>

希望小売価格 : 2,268

価格 : 1,928円(税込)

【品種】ティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)100%【地域】カスティーリャ・イ・レオン【原産地呼称】V.D.T.カスティーリャ・イ・レオン【タイプ】赤・フル・750ml

ポイント : 17

数量 :    残りあと4個

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★10800円以上で≪送料無料≫です!
  (沖縄は550円ご負担下さい)
★ギフト用ラッピングはこちらです。
★在庫のない商品もお問い合わせ下さい!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★2012VTが「ペニンガイド2015」で5星/90点。 「インターナショナルワインセラー2014」89点。
★「ボデガス・トリトン」は2008年がファーストヴィンテージですが、「ヒル・ファミリー・エステーツ」のグループとして安定したワインをリリースしています。


★テロワールのポテンシャルを充分に引き出したワインは高品質で味わい深いものです。
★軽く樽を効かせたコクのある美味しさで、エキゾチックなニュアンスのあるしっかりとしたワインです。

 

 

ラベルは、土壌からベストを掘り出すことをイメージしたものです。銀色の部分は、土の持つ力を表現しています。「エントゥレ」は『の間で』、「スエロ」は 『地面』を意味します。

「トリデンテ」には使われなかったタンクのものがこのワインになります。伝統的なバソ(vaso)仕立てで砂地に植えられたテンプラ ニーリョの畑は、サモーラ県のエル ペゴとビジャヌエバ デ カンペアンの地区に位置します。収穫は手摘みで行い、ステンレスタンクで発酵します。その 後、フランス産オーク樽で6ヶ月間熟成します。

とても濃いチェリーレッド。コクがありたくましく、エキゾチックなローストしたスパイスやブルーベリージャ ムの香りに、きびきびとした黒鉛やエスプレッソも感じられます。チョコレートやスパイスの熟したフィニッシュが見事な調和をみせています。

パエリャ、パスタ、マッシュルーム、シチュー、ソーセージ、チーズなどによく合います。

 

【品種】ティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)100% 
【地域】カスティーリャ・イ・レオン
【原産地呼称】V.D.T.カスティーリャ・イ・レオン
【タイプ】赤・フル・750ml

*熟成:フランス産オーク樽6ヶ月

 

2012VTが「ペニンガイド2015」で5星/90点。 「インターナショナルワインセラー2014」89点。
2011VTが「ペニンガイド2014」で90点。

 

【ボデガス・トリトン】

力強いティンタ・ダ・トロの個性
 

2008年がファースト・ヴィンテージです。醸造と瓶詰めはここで行ない、フミーリャのメインの倉庫で保管します。セラー内部は無駄な部分が一切ありません。思い描くワインを造るために何が必要か、効率よく運営するためにどのようなセラーであるべきか、緻密に計算された設計で、ミゲル・ヒルの哲学が その構造に表れています。畑は5名で管理し、セラーには2名が常駐しています。収穫時は臨時で12名雇います。

ワインメーカーはフランク・ゴンザレス(‘09年より)です。アタラヤと同じで、ガルナッチャ・ティントレラと同様、扱いの難しいティンタ・ダ・トロなので、彼に任せました。彼は、フミーリャのスーパー・スパニッシュと絶賛されるボデガス・エル・ニド(ここもヒル・ファミリー・エステーツのひとつ)で、オーストラリアの天才醸造家クリス・リングランドの助手として働いていました。フランクは、エノロゴの勉強をしてきたわけではありませんが、味覚が優れています。葡萄を食べて、葡萄の熟成具合を見極める能力が誰よりも勝っています。これは勉強して学べることではありません。ヒル・ファミ リーの総合エノロゴのバルトロ・アベリャンが、彼の才能を買い、エノロゴとして育ててきました。

畑は、自家畑が90haです。D.O.トロに位置する区画もありますが、D.O.外の周辺にも条件のよい畑がたくさんあり、D.O.にはこだわらず、あえて地域を狭める必要もないため、トロを名乗っていません。肥料は牛糞を使い、病気への対策に、オーガニックで許可されている銅と硫黄を使うことがあります。畑はザモラとトロにあり、なんと50ヶ所にも分かれています。ひとつひとつの畑は広くても1.5haで、樹齢の古い畑のみを少しずつ買い足してきたためです。栽培されているティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)は150年を超える樹齢のものもあります。クローンが違うため、実際にはテンプラニーリョと異なる特徴があります。とても栽培が 難しい品種で、ガルナッチャ・ティントレラのように力強すぎるほどの骨格があります。収穫は、全て手摘みです。葡萄は、冷蔵機能のあるトラックへ入れてセ ラーへ運びます。葡萄は12度前後で到着します。

畑は50ヶ所に分かれていますが、区画ごとに分けて醸造・熟成します。ステンレスタンクにあるものも、樽で熟成中のものも、全てどの区画の葡萄のものか追跡できるように管理されています。後日試飲して、どの区画をどのクラスのワインにするか決めます。品質に納得のいかないものは瓶詰めせずに他へ売 りに出します。その割合は、通常は15〜20%です。

醗酵は暖かい部屋で行い、醗酵が終わったら部屋全体を低い温度にして熟成庫として使います。樽は全てフレンチオークです。ティンタ・デ・トロが力強い品種であるため、ポンピングオーバーでは全てが強烈に抽出されすぎてしまうので、その代わりに果帽をゆっ くりと押し込み、皮をゆっくりと浸すことで、えぐみが出ないようにします。足で葡萄を踏んでいた時代のやり方を、機械で行なっているイメージです。また、 他のワイナリーよりタンクが小さめです。このタンクの大きさや形はオーダーメードです。アルコール度数が高めですが、これは醸造技術によってアルコールの高いワインを造っているのではなく、樹齢が古いために糖度の高い葡萄が収穫できるからです。


「ヒル・ファミリー・エステーツ」はスペイン土着の葡萄に拘り、しかも古木を有するワイナリーを厳選してグループに入れている品質重視の生産者グループです。

 

 

【ヒル・ファミリー・エステーツ】

「ヒル・ファミリー・エステーツ」は、「コモロコ」や、「ラヤ」を造る生産者で、スペイン各地に計8つのボデガを所有しています。

 

8つあるボデガには、それぞれ醸造責任者がいますが、どのようなワインを造るか、どのように運営していくかといったことは、ヒル家が生み出した哲学に沿って行なわれています。


現在、「ヒル・ファミリー・エステーツ」は、「ミゲル・ヒル」が指揮をとっています。
 

≪ミゲル・ヒル≫
私は9人兄弟でした。父にくっついて葡萄畑やセラーに行くのが大好きでした。進路を決めるときに、父に「ワイナリーで働きたい」と伝えたところ、父は「ワインの仕事はとても厳しい。大学で別のことを学び、それでもワインの仕事をしたいなら戻っておいで」と言いました。私は、ワインが大好きでしたが、同じように飛行機がどうやって飛ぶのかにも興味がありましたので、大学では飛行機の設計の道に進みました。

 
大学を卒業後、飛行機の設計の仕事に就きました。スペインの就職率は低く、仕事を得ることすら難しい状況です。設計の仕事を辞めてワイン造りをすると言ったら、 「何ともったいないことか!」と人々は思うでしょう。しかし、それでも私はワインの仕事がしたいと思いました。ワイン造りをするという決断は勇気のいることでしたが、同時にとても幸せなことでした。
 
現在、80%が輸出で、スペイン国内向けは20%です。4世代に渡りワイン造りをしてきましたので、良い品質であっても価格が高くて売れないという苦労を何度も見てきました。ですので、価格は私のワインにはとても大切な要素です。ある時、イギリスの展示会で、「この品質なら価格を上げるべきだ」と言われま したが、そう言われる価格水準こそが、私のワインの価値なのです。
 
セラーの設計は私自身で行ないました。「葡萄のポテンシャルを最大限に引き出す醸造設備」、「簡単で効率の良い作業」、「働きやすい環境」、「コストを抑え ること」を念頭に入れて設計しました。例えば、全てのワイナリーは、建物全体を温度コントロールできるようになっており、さらに部屋単位で冷房・暖房を入れ替えられるようになっています。成功の秘訣は「オープンマインド」であることです。市場を深く観察し、理解し、何を欲しがっているかを捉え、どのようなワインを造るかコンセプトを決めてきました。

また、「ヒル・ファミリー・エステーツ」が所有する地域は、あまり知名度は高くはありません。有名でないアペラシオンは、土地の値段が安く、投資を考える際有利です。それでいて有名な地と同じだけのポテンシャルがあるのです。スペインは 長い歴史の中でワインを造ってきたワイン大国です。しかし、現在は国内消費も減り、スペイン経済も低迷している中、ごく一部の生産地域やワイナリーが国際 的に成功しています。その一方、歴代素晴らしい地葡萄を産した畑や高樹齢の 畑の多くに、供給先がなく、生産を継続できない状況に陥っている栽培農家が多いのです。時々友人を訪ねて、その土地に魅せられることがあります。その地が有名でなければ、なおさらのこと、私はそこで素晴らしいワインを造ることに挑戦してみたくなってしまいます。
「ヒル・ファミリー・エステーツ」は、1つのワイナリーを大きくするのではなくて、質の高い小さなワイナリーを複数持つことによって、最終的に品質を高く保つことができて、消費者に喜ばれると考えるのです。
ファン・ヒル
ボデガス・トリトン トリデンテ テンプラニーリョ 2014
ボデガス・トリトン トリデンテ テンプラニーリョ 2014
(【品種】テンプラニーリョ(ティンタ・デ・トロ)100%【原産地】カスティーリャ・イ・レオン【原産地呼称】V.D.T.カスティーリャ・イ・レオン【タイプ】赤・フル・750ml)
ボデガス・アテカ アッテカ 2014
ボデガス・アテカ アッテカ 2014
(【品種】ガルナッチャ100%【地域】カラタユード【原産地呼称】D.O.カラタユード【タイプ】赤・フル・750ml)
ボデガス・トリトン トリデンテ テンプラニーリョ 2013
ボデガス・トリトン トリデンテ テンプラニーリョ 2013
(【品種】テンプラニーリョ(ティンタ・デ・トロ)100%【原産地】カスティーリャ・イ・レオン【原産地呼称】V.D.T.カスティーリャ・イ・レオン【タイプ】赤・フル・750ml)
ボデガス・アテカ アッテカ 2012
ボデガス・アテカ アッテカ 2012
(【品種】ガルナッチャ100%【地域】カラタユード【原産地呼称】D.O.カラタユード【タイプ】赤・フル・750ml)
ボデガス・アタラヤ ラヤ 2015
ボデガス・アタラヤ ラヤ 2015
(【品種】ガルナッチャ・ティントレラ70%モナストレル30%【地域】アルマンサ【原産地呼称】D.O.アルマンサ【タイプ】赤・フル・750ml)
ボデガス・アテカ オノロ ベラ 2014
ボデガス・アテカ オノロ ベラ 2014
(【品種】ガルナッチャ100%【地域】カラタユード【原産地呼称】D.O.カラタユード【タイプ】赤・フル・750ml)
ボデガス・アテカ オノロ ベラ 2016
ボデガス・アテカ オノロ ベラ 2016
(【品種】ガルナッチャ100%【地域】カラタユード【原産地呼称】D.O.カラタユード【タイプ】赤・フル・750ml)

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。お酒は二十歳になってから。