≪ジャック・ジラルダン ブルゴーニュ シャルドネ 2013 【ワイン通販】ワインブラッサム≫
「ジャック・ジラルダン」はサントネで有名な「ヴァンサン・ジラルダン」の兄が経営しています。『情熱を持ち、常に厳格であること。自然を尊重し 本質を追求すること。』若き後継者ジャスティンが心血を注いでリリースしました。優雅なアロマと滑らかな質感、柔らかで奥行きのある品の良い味わいです。

タイプ別

   赤ワイン
   白ワイン
   ロゼワイン
   デザートワイン
 
 
 
 
 
 
 

2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 

ジャック・ジラルダン ブルゴーニュ シャルドネ 2013

商品名 : ジャック・ジラルダン ブルゴーニュ シャルドネ 2013

商品コード : IN00FB92300

製造元 : ジャック・ジラルダン

原産地 : <フランス>

希望小売価格 : 2,970

セール期間 : 2019年11月11日 〜 2019年11月13日

通常価格 : 2,530

割引率 : 10% OFF

価格 : 2,277円(税込)

【品種】シャルドネ100%【原産地】ブルゴーニュ【原産地呼称】A.O.C.ブルゴーニュ【タイプ】白・辛口・750ml

ポイント : 22

数量 :    残りあと3個

★「ジャック・ジラルダン」はサントネで有名な「ヴァンサン・ジラルダン」の兄が経営しています。

★『情熱を持ち、常に厳格であること。自然を尊重し 本質を追求すること。』若き後継者ジャスティンが心血を注いでリリースしました。
★優雅なアロマと滑らかな質感、柔らかで奥行きのある品の良い味わいです。

 

収穫は手摘みで行います。畑で2回、セラーに運んでから振動式の選果テーブルで1回、合計3回の選別を行っています。

全体の50%をフレンチオーク樽に移し、マロラクティック発酵を行います。澱と共に12ヶ月寝かせます。樽はアリエ、ヴォージュ,ベルトランジェ産のものを使用しています。軽くフィルターをかけてボトリングします。

輝きのある黄金色。心地よい果実のアロマが広がります。丸みのある柔らかな口当たり。シャルドネらしいしっかりとしたボリュームが感じられます。


【品種】シャルドネ100%
【原産地】ブルゴーニュ
【原産地呼称】A.O.C.ブルゴーニュ
【タイプ】白・辛口・750ml

*発酵 50%オーク樽で12ヶ月


 

【ジャック・ジラルダン】

 

《オーナー》 ジャック ジラルダン(ヴァンサン ジラルダンの兄)
《家族》 ヴァレリー(妻)、ジャスティン(息子 24歳)
《畑》 全部で17ha   サントネ14ha  プルミエ クリュ クロ ルソー2ha、マラディエール0.6ha。
ポマール1.5ha。サヴィニィ1.5ha。
《収穫》 手摘み
《酵母》 天然酵母
《サントネのスタイル》 クロ ルソー タニックで、非常に力強い味わい
ボールガール シャサーニュに似た、よりエレガントなスタイル
マラディエール サントネの典型。二つの丁度真ん中。5人の生産者しか持っていない。
《納品先》 ラ コート ド サン ジャック(ジョワニー) ミシュラン3ッ星 
知り合いの紹介で’14年からオンリスト
《VT》 ’12年 赤は葡萄が小粒でより集約度が高く、長期熟成ワインに出来た。集約しているがボリュームがあるスタイルではなく、若干のフィネス、フルーティさがあり、エレガントなスタイル。
《エピソード》 ジャスティンは、なんと24歳!若いが、畑や醸造もほとんど一人で行っている。何をやりたいかが決まっていれば、年齢は関係ない。収穫の度にワイン造りに惹かれていき、学校を休んでまで手伝っていた。早い段階でワイン造りを仕事にすることに決めていたため、世界を回り、今のスタ イルを確立した。

 

ジャックはジラルダン家の長男として生まれヴァンサン同様、父から畑を相続して、サントネにてドメーヌ ジャック ジラルダンとしてワイン造りをしていました。
‘11年からジャックの息子のジャスティン(写真左)が共同経営者の一員となり、ワイナリーの経営に携わるようなり、現在はジャスティン (12代目)が中心に、父と母のヴァレリー(写真中央)の3人の家族で運営しています。家族3人みなの意見が重要であると考え、尊重しています。時には叔父のヴァンサンとも、醸造や葡萄について意見交換をしています。またヴァンサンが使っていたサントネのセラーを2004年に購入し、そこでもワインを造っています。

息子のジャスティンはボーヌの学校で5年間醸造を学び、ボルドーで1年修行し、サンセールや南仏でも修行を積みました。父の時代と異なり、自然の酸と太陽を感じるワイン造りを目指しています。また、友人の父親がシャブリのコロンビエです。ジャスティンは畑の状態をしっかり把握するためにも1年中ほとんど畑にいます。肥料は天然のものを使用し、通常は除草剤を使用しませんが、年によって少量を散布します。また、銅と硫黄を少し使います。一番大切な ことは葡萄の樹が健康であることであり、完全なオーガニックを目指すことに執着はしていません。ただ、極力そういった化学的なものの使用は避け、畑に適したものを使うようにしています。

収穫はすべて手摘みで行い、葡萄が酸化しないように小さな箱を使っています。醸造には、人工酵母や酵素などの添加物は使用しません。添加物によって、本来 の性質や個性を持たない画一化されたワインを造るよりも、自然に任せたほうが良い、と考えています。発酵は低温でスタートさせアロマを引き出し、その後温度をいったん34度まで上昇させた後、28度まで下げ、温度コンロール装置付きのタンクで約12〜15日間行います。発酵後、樽に移してマロラクティック 発酵を行ないます。全体の約4分の1に新樽を使用しています。それ以上になるとワインの持つ個性が失われてしまうと考えています。翌年の春に澱引きし、樽で12ヶ月〜18ヶ月熟成させた後、軽くフィルターをかけてボトリングします。彼らのワイン造りの哲学は、情熱を持ち、常に厳格であること。自然を尊重し 本質を追求すること。決して派手さはありませんが、自然で素朴な土地の風味をしっかりと感じることが出来ます。60%を瓶詰めして、その50〜60%を輸出。自社販売のうち20%が個人客、残りはレストランやホテルに納めています。ミシュランの3つ星や、パリの1つ星レストランでも使われています。残りの 40%はネゴシアン(ヴァンサン ジラルダン社を含む)に売っています。


ジャック・ジラルダン
ジャック・ジラルダン ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ 2013
ジャック・ジラルダン ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ 2013
(【品種】ピノ・ノワール100%【原産地】ブルゴーニュ【原産地呼称】A.O.C.ブルゴーニュ【タイプ】赤・フル・750ml)
ジャック・ジラルダン ブルゴーニュ シャルドネ 2014
ジャック・ジラルダン ブルゴーニュ シャルドネ 2014
(【品種】シャルドネ100%【原産地】ブルゴーニュ【原産地呼称】A.O.C.ブルゴーニュ【タイプ】白・辛口・750ml)

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。お酒は二十歳になってから。