≪シャトー・コス・デストゥルネル グレ・バイ・コス・デストゥルネル 2010 【ワイン通販】ワインブラッサム≫
2010VTが「ワイン・アドヴォケイト」90点。「グレ・バイ・コス・デストゥルネル」は「シャトー・コス・デストゥルネル」がメドックのグレという町で造るワインです。「コス・デストゥルネル」のスタッフが手がけていて、ボルドースタイルよりもカジュアルなニューワールドスタイルを目指しています。果実味が豊かで、カジュアルよりは上級感のあるワインになっています。

タイプ別

   赤ワイン
   白ワイン
   ロゼワイン
   デザートワイン
 
 
 
 
 
 
 

2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 

シャトー・コス・デストゥルネル グレ・バイ・コス・デストゥルネル 2010

商品名 : シャトー・コス・デストゥルネル グレ・バイ・コス・デストゥルネル 2010

商品コード : MX647911

製造元 : シャトー・コス・デストゥルネル

原産地 : <フランス>

希望小売価格 : 6,320

セール期間 : 2019年11月11日 〜 2019年11月13日

通常価格 : 5,380

割引率 : 10% OFF

価格 : 4,842円(税込)

【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン60%メルロ40%【原産地】サン・テステフ【原産地呼称】A.O.C.メドック【タイプ】赤・フル・750ml

ポイント : 48

数量 :    残りあと2個

★2010VTが「ワイン・アドヴォケイト」90点。
★「グレ・バイ・コス・デストゥルネル」は「シャトー・コス・デストゥルネル」がメドックのグレという町で造るワインです。


★「シャトー・コス・デストゥルネル」は5大シャトーと「レオヴィル・ラス・カーズ」「ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド」と合わせて8大シャトーと称される一流のシャトーです。
★「コス・デストゥルネル」のスタッフが手がけていて、ボルドースタイルよりもカジュアルなニューワールドスタイルを目指しています。

 



サン・テステフのトップに君臨するシャトー・コス・デストゥルネルのつくるAOCメドックです。 

 

【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン60%メルロ40%
【原産地】サン・テステフ
【原産地呼称】A.O.C.メドック
【タイプ】赤・フル・750ml

*熟成 オーク樽熟成 14ヶ月 (新樽比率50%) 

 

「シャトー・コス・デストゥルネル」がメドック北部のグレという町でニューワールドスタイルのワインを目指して造っています。
「コス・デストゥルネル」のスタッフが全て管理しているので、品の良いスタイルのワインです。
フルーティで豊かな味わいで、早くから楽しめるカジュアルさがありますが、エレガントな奥行きを持っています。
一流のスタッフの手によるラグジュアリーなメドックワインです。

 

【シャトー・コス・デストゥルネル】
 

「シャトー・コス・デストゥルネル」はアジア風のパゴダのような外観で、ポイヤックとの村境のすぐ北に位置し、隣の「シャトー・ラフィット・ロートシルト」を見下ろす丘の背にあります。

19世紀の始めから、半ばにかけて、ボルドーのどのワインよりも高値で取引されインドにまで輸出されていました。
所有者であった「ルイ・ガスパール・デストゥルネル」は『サン・テステフのマハラジャ』としてインドで知られているほどでした。

1852年、シャトーの拡張・整備のための借金がかさみ、ロンドンの銀行家「マーティンズ」に売却します。
1869年、「マーティンズ」はバスク地方の貴族、「エラズ家」に売却します。
1889年、「エラズ家」は「ホスタイン兄弟」に売却します。
1917年、ワイン商人「フェルナンド・ジネステ家」が入手。彼らの孫である「ブラッツ兄弟」が継いでいきます。

1990年代半ばに「ベルナール・タイヤン・グループ」に売却され、さらにスイスの大実業家「ミッシェル・レビエ」に転売されます。


「シャトー・コス・デストゥルネル」は1990年代後半までは「ブリュノ・プラッツ」の所有でした。
「ブリュノ・ブラッツ」は新しいワイン技術を取り入れる前衛的な造り手でした。

「シャトー・コス・デストゥルネル」は、主要なシャトーの中では数少ない、樽熟成前と瓶詰め前の2度濾過処理することを信条としているシャトーの一つでしたが、1989年の瓶詰め前には2度目の濾過をしない決定をし、2002年には彼の息子で経営者の「ジャン・ギョーム・プラッツ」が全ての濾過処理を止めます。
この結果、非常に調和のとれたワインとして評価が上がっていきます。

メドックにしては珍しくメルロの比率が高い事(40%)と新樽の比率が平均よりも高い(60〜100%)という特徴があります。これが肉付きの良い豊かな舌触りのワインとなります。

醸造の指揮を取っているのは「フェルナド・ジネステ」の偉大な孫で、1970年から1998年まで「シャトー・コス・デストゥルネル」の経営者でもあった「ブリュノ・プラッツ」の息子「ジャン・ギョーム・プラッツ」です。

 

醸造と熟成には常に手間を掛けていて、それがメドック最高級のクリュの中でもトップの上品さと複雑性を誇るワインの産出を可能にしているのです。

他の多くのワインと同様に、1980年代初めのワインは、年月とともに徐々に、そして穏やかに熟成する強い樽香が特徴です。
欠点のない1982〜1996年の間に(ブリュノの時代)とても早い段階から消費者を誘惑し、瓶詰め直後から魅力的で、壮麗かつ非常に調和のとれたワインを世に送り出すようにはなりましたが、真価を表すにはやはり相応の熟成が必要です。

 

収量をルテ・レゾネ(適度に低く)保つために畑では厳しい剪定が行われています。
「コス・デストゥルネル」はコンクリート製の発酵槽、「レ・パゴデ・ド・コス」はスチール製の発酵槽で醸造されます。
事前に10〜15日間の定温浸漬をし、ヴィンテージとフェノール類の完成度に応じて色や風味を引き出します。
ワインはオーク樽で18〜22ヵ月間熟成させます。

「シャトー・コス・デストゥルネル」は伝統への健全な敬意を保ちつつも、革新的な手法を嫌悪することもなく、毎年新しい試みを採用しています。


*現在5大シャトーと合わせて8大シャトーと呼ばれているのが、「コス・デストゥルネル」「レオヴィル・ラス・カーズ」「ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド」の3つです。
スーパーセカンドと呼ばれている偉大なシャトーです。

シャトー・コス・デストゥルネル
シャトー・コス・デストゥルネル 2006
シャトー・コス・デストゥルネル 2006
(【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン78%メルロ20%カベルネ・フラン2%【地域】サン・テステフ【原産地呼称】A.O.C.サン・テステフ【タイプ】赤・フル・750ml)
シャトー・コス・デストゥルネル レ・パゴド・ド・コス 2009
シャトー・コス・デストゥルネル レ・パゴド・ド・コス 2009
(【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン69%メルロ30%プティ・ヴエルド1%【地域】サン・テステフ【原産地呼称】A.O.C.サン・テステフ【タイプ】赤・フル・750ml)
シャトー・コス・デストゥルネル レ・パゴド・ド・コス 2011
シャトー・コス・デストゥルネル レ・パゴド・ド・コス 2011
(【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロ【地域】サン・テステフ/オー・メドック/ボルドー【原産地呼称】A.O.C.サン・テステフ【タイプ】赤・フル・750ml)
シャトー・コス・デストゥルネル グレ・バイ・コス・デストゥルネル 2008
シャトー・コス・デストゥルネル グレ・バイ・コス・デストゥルネル 2008
(【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン80%メルロ20%【原産地】サン・テステフ【原産地呼称】A.O.C.メドック【タイプ】赤・フル・750ml)
シャトー・コス・デストゥルネル グレ・バイ・コス・デストゥルネル 2012
シャトー・コス・デストゥルネル グレ・バイ・コス・デストゥルネル 2012
(【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン60%メルロ40%【原産地】サン・テステフ【原産地呼称】A.O.C.メドック【タイプ】赤・フル・750ml)

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。お酒は二十歳になってから。