≪キンタ・ドス・アヴィダゴス レゼルヴァ 2015 【ワイン通販】ワインブラッサム≫
「キンタ・ドス・アヴィダゴス」はポルトガルの土着品種を使って丁寧にワインを造っている生産者です。果実の凝縮感と濃厚なアロマがあり、とてもしなやかなタンニンで飲み心地の良いワインです。価格以上の美味しさが楽しめるポルトガルワインです。

タイプ別

   赤ワイン
   白ワイン
   ロゼワイン
   デザートワイン
 
 
 
 
 
 
 

[OWNER]

2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

キンタ・ドス・アヴィダゴス レゼルヴァ 2015

商品名 : キンタ・ドス・アヴィダゴス レゼルヴァ 2015

商品コード : IN00PA00801

製造元 : キンタ・ドス・アヴィダゴス

原産地 : <ポルトガル>

希望小売価格 : 2,484

価格 : 2,111円(税込)

【品種】ティンタ・ロリス/ティンタ・バロッカ/トゥリガ・フランカ/トゥリガ・ナシオナル【地域】ドウロ【原産地呼称】D.O.C.ドウロ【タイプ】赤・フル・750ml

ポイント : 19

数量 :    残りあと4個

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★10800円以上で≪送料無料≫です!
  (沖縄は550円ご負担下さい)
★ギフト用ラッピングはこちらです。
★在庫のない商品もお問い合わせ下さい!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★「キンタ・ドス・アヴィダゴス」はポルトガルの土着品種を使って丁寧にワインを造っている生産者です。

★果実の凝縮感と濃厚なアロマがあり、とてもしなやかなタンニンで飲み心地の良いワインです。
★コストパフォーマンスに優れたポルトガルワインです。


 

収穫は20kg入りの箱を使い、手摘みで行ないます。
100%除梗し、コールドマセラシオンの後、温度コントロールされたタンクで、毎日ルモンタージュを しながら、発酵させます。
澱とともにオーク樽で12ヶ月熟成。ノンフィルター。

非常に濃いチェリーレッド。
熟した赤い果実の複雑で濃厚なアロマと、花を思わせる香り、樽からくるスパイシーな風味もあります。
しっかりとしたボディとやわらかなタンニンのある、ソフトで丸い口当たり。
凝縮された果実味、長い余韻が感じられます。



【品種】ティンタ・ロリス/ティンタ・バロッカ/トゥリガ・フランカ/トゥリガ・ナシオナル
【地域】ドウロ
【原産地呼称】D.O.C.ドウロ
【タイプ】赤・フル・750ml

*熟成 オーク樽で12ヶ月熟成


【キンタ・ドス・アヴィダゴス】

土着品種を使い、伝統的な方法を尊重しながら、最新の技術を取り入れ、優れたワイン造りをめざす生産者

《歴史》 1640年 キンタ・ダ・ヴァランダ創設
1730年 婚姻関係によりキンタ・ド・トハゥンを所有
1940年 キンタ・ドス・アヴィダゴスがキンタ・ド・アレイン・ターニャを買収
1978年 アヴィダゴスがすべてを統括 葡萄をポートワイン会社に販売
1996年 ワインメーカー ルイ・クーニャのコンサルタントを受け、ワイン造りを開始
2005年 本格的に元詰めワインの販売を開始

《オーナー》 ペドロ タマニーニの叔父2人
《ワインメーカー》 ペドロ タマニーニ エノロゴは別にいる
《葡萄園》 70ha 4つのキンタの合計 全て自家葡萄園 最も良い葡萄をスティルワインに 8〜9人が常駐
《収穫》 手摘み 機械が入れない畑が多いため
《販売先》 15〜20%輸出

 

キンタ・ドス・アヴィダゴスは4つのキンタ(葡萄園)から成ります。
一番古いものは、1640年までさかのぼるキンタ・ダ・ヴァランダです。
1730年、婚姻関係によりキンタ・ド・トハゥンを所有。
1940年に、現在のキンタ・ドス・アヴィダゴスがキンタ・ド・アレイン・ターニャを買収し、 1978年より、アヴィダゴスがすべてを統括するようになりました。

ヴァランダ、トハゥン、アイレン・ターニャは、250年前にポルトガル王が、イギリス人に書かせたドウロの地図にも掲載されている程の歴史があります。ドウロの90%はスレート土壌で、プリオラートにかなり近いものです。また、1km先が 豪雨でもここは快晴という具合に、マイクロマイクロクライメートが全く異なります。標高もまちまちです。灌漑用水は認められていません。

ワイン造りはすべてアヴィダゴス行なわれています。これが「アヴィダゴスのワインだ」と言われるために、畑に一番投資し、葡萄を買わずに、自分達 でコントロールすることが重要だと考えています。そのために、区画によって良い場所を選び、よく知っている人に働いてもらうことだと考えています。また、 農薬を限りなく減らしつつあり、肥料は何も撒いていません。



 

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。お酒は二十歳になってから。