≪シャトー・パルメ アルテ・エゴ・ド・パルメ 2015 【ワイン通販】ワインブラッサム≫
「ワイン・アドヴォケイト」90~92点。メドック3級格付けの「シャトー・パルメ」が1998年からリリースしているワインです。セカンドという位置ではなく、パルメの別の顔というコンセプトで造っています。パルメの緻密さフィネスを持ちながら、生き生きとした果実を表現しています。グレートヴィンテージなので、熟成も楽しめます。

タイプ別

   赤ワイン
   白ワイン
   ロゼワイン
   デザートワイン
 
 
 
 
 
 
 

2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

シャトー・パルメ アルテ・エゴ・ド・パルメ 2015

商品名 : シャトー・パルメ アルテ・エゴ・ド・パルメ 2015

商品コード : MX650032

製造元 : シャトー・パルメ

原産地 : <フランス>

希望小売価格 : 13,750

価格 : 12,380円(税込)

【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロ【原産地】マルゴー【原産地呼称】A.O.C.マルゴー メドック格付け3級【タイプ】赤・フル・750ml

ポイント : 112

数量 :    残りあと3個

★「ワイン・アドヴォケイト」90~92点。
★メドック3級格付けの「シャトー・パルメ」が1998年からリリースしているワインです。


★セカンドという位置ではなく、パルメの別の顔というコンセプトで造っています。
★パルメの緻密さフィネスを持ちながら、生き生きとした果実を表現しています。


 

1998年が初ヴィンテージ。
ブレンドと葡萄の選定に対する新しい試みから生まれ、偉大なるテロワールの特徴 ― フィネスと繊細さ、豊かなアロマ、バランスと余韻 ― を保ちつつ、全く異なる2種類のワインを造るということがコンセプ トとなっています。

若々しくてフルーティー、ジューシーで非常にチャーミングなワインです。繊細なアロマとタンニンが特徴でボトリングから数年以内で十分に楽しめます。

長く 樽熟成させることで、テロワールの個性を十分に引き出し、厚みのあるボディと深みが生まれます。アルテ・エゴが本来持っている果実味とアロマは、 25〜30%に抑えた新樽率によって守られています。


 

【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロ
【原産地】マルゴー
【原産地呼称】A.O.C.マルゴー メドック格付け3級
【タイプ】赤・フル・750ml

 

 

パルメとアルテ・エゴは、シャトー・パルメのテロワールの持ち味を異なるニュアンスで表現した二つの形であり、収穫年の気候条件によって生じる変化を二通りに解釈したものともいえます。
音楽にたとえるなら交響曲とジャズの編曲、絵画なら古典絵画と現代アートのように。
アルテ・エゴが誕生したのは1998年です。アルテ・エゴは収穫葡萄の選別方法とアッサンブラージュにおける新しいアプローチの姿であり、繊細さとエレガンス、芳香の豊かさ、調和と余韻といった、パルメの名にふさわしい資質をあくまでも大切にしながら、シャトー・パルメのテロワールをもう一つ別の見方で表現したものといえます。(シャトー・パルメのコメント)

 

【シャトー・パルメ】 Chateau Palmer
 

17世紀初頭にはワインの生産を始めていたと思われます。
元々はシャトー・ディッサンの畑の一部であったところをガスク家が所有し、「シャトー・ド・ガスク」としてワインを造っていました。
1814年イギリスのチャールズ・パーカー(フランス呼び方シャルル・パルメ)将軍に所有が移り、「シャトー・パルメ」となりました。
彼は畑を次々買い足し、またシャトーの名声を高めるために品質改良にも心血を注ぎます。
しかし、1843年自己破産のため、シャトーを手放します。

その後、銀行の管理下にあったシャトーを銀行家のベレール兄弟が購入。再改革をしますが、1855年の格付けにはまだ立て直せず、3級の格付けに留まります。

1937年から共同経営のネゴシアンの所有になっています。
支配人としてブティエ家は1913年から91年もの間、シャトーを支えましたが、2004年にオルネライアの醸造責任者を務めた「トマ・デュルー」が最高責任者となりました。
『メドックの守護神』と呼ばれる「エリック・ボワスノ」がコンサルタントとして付いています。

畑はマルゴーの中心地にあり、ジロンド川に向かってゆるやかに傾斜しています。
マルゴーの特徴であるギュンツ氷期の石英、水晶、玉髄などが混じった砂利質の土壌です。マルゴーやローザン・セグラに隣接した最上の場所にあります。
密植しており、葡萄が競争力を持って育つようにしています。

マルゴーの畑としてはメルローの比率が高いのが特徴で、カベルネ・ソーヴィニヨンが47%、メルロー47%、プティ・ベルド6%となっています。メルロー を多く使う事で、豊かな肉付きのワインとなり、マルゴーの華やかさを持ちながら、ポムロールのような肉感的でふくよかなワインとなります。

 

1995年からリュット・リゾネ。
2004年からビオロジック。
現在ではビオディナミとなっています。



≪アルテ・エゴ・ド・パルメ≫
 

「アルテ・エゴ・ド・パルメ」はもう一つのパルメの意味。
セカンドというワインではなく、新たなパルメのワインという認識です。
パルメの畑の早飲みに適している葡萄をブレンドして造られます。
以前のセカンドに回していた葡萄はネゴシアンに売られています。
シャトー・パルメになる葡萄は50%、アルテ・エゴになる葡萄は40%、残りは売却しています。
フルーティさを出して、早くから楽しめるワインとしてリリースしています。
パルメはクラシック音楽、アルテ・エゴは軽音楽といった位置づけのようです。

シャトー・パルメ
シャトー・パルメ 1993
シャトー・パルメ 1993
(【品種】カベルネ・ソーヴィニヨン55%メルロー40%カベルネ・フラン3%プティ・ヴェルドー2%【地域】マルゴー【原産地呼称】A.O.C.マルゴー メドック第3級格付 【タイプ】赤・フル750ml)

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。お酒は二十歳になってから。